保育士と幼稚園教諭の違い

img_02

就学前の子どもの育成に携わる仕事には、保育士と幼稚園教諭の2つがあります。幼稚園教諭は、文部科学省が管轄するものであり、学校教育法に基づいて教育を行う教員に含まれます。学校教育の一環となるため、健やかな成長のために適切な環境を与えて幼児を保育し、心身の発達を助長することを目的とした学校のひとつとして考えることができます。幼稚園教諭には、子供の面倒を見たり、世話をしたりすることよりも、教育することが重視されます。

子どもの対象年齢も3歳から就学前までと規定されており、0歳児を扱うことはありません。小学校や中学校と同様に教諭免許を取得できる教職課程がある大学や短期大学に進学することが必要となり、教員採用試験を受験して合格することが求められます。 保育士は、厚生労働省が管轄するものであり、児童福祉法に基づいて、保護者に代わって子どもの保育、子育てをすることが仕事となり、職場も保育園や保育所に限るものではありません。

保育園や保育所、児童養護施設などの児童福祉施設が活躍の場となり、教諭ではなく、福祉の従事者という性格が強いものです。共働きやシングルマザーの家庭の子どもを預かるなどして、保護者の代わりに子どもを保育することを目的としているため、子どもの対象年齢は、0歳~就学前までとなります。保育士は、教職課程をもつ学校で単位を修得しなくても、受験資格を満たし、試験に合格すれば国家取得を取得することができます。


■ 管理人おすすめサイト~保育士関連~■
保育士を目指す方の中には、未経験の方も多くいるでしょう。不安に感じることもあるかと思います。こちらのサイトには、未経験から保育士へと転職した方の体験レポートや、未経験優遇の求人情報などが載っていますので、ぜひお役立てください … 保育士の求人