保育士の職場

保育士の職場というと一般的には保育園や保育所がイメージされます。保育する子どもに対応できる適切な保育士の人数の確保は絶対となるため、保育士の資格保持者が足りない施設では、施設のスペースや対応人数に余裕があっても、多くの子どもの面倒を見ることができません。また、保育士を目指す人のなかには、乳児院や児童養護施設などの児童福祉施設で働きたいと希望している方も少なくありません。

乳児院は、保護者の死亡や養育困難、養育放棄や虐待などを理由として、出産後間もない赤ちゃんから幼児までを保護し、養育することも目的とした施設です。児童養護施設は保育理由は乳児院と同様ですが、1歳以上18歳未満の子どもを対象としています。いずれにせよ、複雑な家庭環境や生育環境によってさまざまな不安を抱える子どもの心をケアするという大切な役割があります。

そのほか、知的障害のある児童が入所する知的障碍児施設で子どもの自立や生活を支援したり、児童館や学童クラブで小学生の放課後の面倒をみる学童保育に携わったり、病気で保育園などに行くことができない子どものために設けられた院内保育施設で子どもの育成に携わったり、など、保育士が活躍する場所は数多くあります。